英語日付の月や曜日の書き方や読み方!略称付き一覧でスペルも確認

英語 年月日 書き方 日常英会話

英語を使う仕事じゃなくても、英語で月や曜日など日付を書いたり聞いたりすることって日常でも意外にありますよね?

「あれ、2月って英語でなんて書くんだっけ?」

「曜日の英語スペルが思い出せない」

など、英語で日付の書き方って、わかっているようでわかってないこと結構ありますよね。

 月や曜日など日付の書き方読み方・略称(3レター)について一覧にしてあります。スペルも心配な場合は是非参考にしてくださいね。^^

英語で月の書き方読み方略称(3レター)一覧

英語の「月」の書き方、読み方、略称を下に載せています。

中には間違えやすいスペルもあるので、ぜひ注意して見てくださいね。

英語で「月」の書き方読み方略称一覧

英語書き方 読み方

英語略称(短縮形)

1月 January ジャーニュアリー JAN (Jan)
2月 February フェビュラリー FEB (Feb)
3月 March マーチ MAR (Mar)
4月 April エープリル APR (Apr)
5月 May メイ MAY (May)
6月 June ジューン JUN(Jun)
7月 July ジュラーイ JUL (Jul)
8月 August オーガスト AUG (Aug)
9月 September セプテンバー SEP (Sep)
10月 October オクトーバー OCT (Oct)
11月 November ノーベンバー NOV(Nov)
12月 December ディッセンバ DEC (Dec)

英語で曜日の書き方読み方略称一覧

月 曜日 書き方 言い方

英語の曜日も月と同様に書き方や読み方、略称を載せていますので、ちょっと書き方、読み方が心配だなと思ったら、確認しておきましょう。

曜日 英語書き方 読み方 英語略称(短縮形)
月曜日 Monday マンデー MON (Mon)
火曜日 Tuesday チューズデー TUE (Tue)
水曜日 Wednesday ウェンズデー WED (Wed)
木曜日 Thursday サーズデー THU (Thu)
金曜日 Friday フライデー FRI (Fri)
土曜日 Saturday サタデー SAT (Sat)
日曜日 Sunday サンデー SUN (Sun)

英語で日付を書く場合の大文字と小文字の違いは?

英語で日付(月・曜日)を書く際、「大文字か小文字」あるいは「1文字目だけ大文字」など、色んな書き方を目にしますが、一体どれが正しいのでしょうか。

英語の日付を全て小文字で書くのは間違い!?

書類や資料,手紙などで英語の日付を書く場合、全て小文字で書くのは間違いと言えます。

言い換えると、英語の日付は最初の1文字目は必ず大文字、または全て大文字になります。

例)1月15日 水曜日の場合

January 15th. Wednesday” やJANUARY 15TH, WED“のようになります。

もし「jannuary 15th, wed」と書いても間違いとは言い切れませんが、はじめの「J」が小文字だと、文章中で見分けがつきにくいですし、手抜きのような印象を相手に与えかねません。

また、漢字や平仮名、カタカナがある日本語の文章とはちがって、アルファベットのみを書く英語においては、大文字にすることにより、「強調する」「正式である」「文章の見栄えが良い」などの意味やニュアンスもありますので、日付を書く場合、少なくとも単語の最初の1文字目は大文字で書くように意識しましょう。

英語での月と曜日の書き方と読み方まとめ

「普段、英語を使う仕事をしてるわけじゃないのに…」

と思っても、最近は日常生活の中で英語の単語や表記を目にすることが多くなってきました。

月や曜日ぐらいは英語で読み書きできないと恥ずかしいと思ってしまう場面もあるかもしれません。

この機会にぜひ覚えておきたいですね。 ^^

コメント