TOEICと英検はの違いは何?スコア換算表で難易度を徹底比較

TOEIC、英検、比較 TOEIC対策

たくさん実施されている英語に係る英語試験の中で特に人気があり役に立つと言われているのがTOEICと英検ですが、実際のところTOEICと英検どちらを受験すべきなのか迷ってしまいますよね。

今回は「TOEICと英検の違い」や、「どっちが難しいのか」を比較しながら内容をご紹介していきます。

TOEICと英検どっちを受験するかこの機会に比較して参考にしてくださいね。^^

TOEICと英検をスコア換算表で比較!レベルの違いは?

TOEIC, 英検、比較

TOEICのスコアと英検各級のレベル比較を表にしてみました。

過去に英検を受けたことがある人は、次にTOEICを受験する際は何点を目指せば良いのか、逆に過去にTOEICを受けたことがある人が、次に英検を受ける際は何級を目指せば良いのか気になりますよね。

必要単語数や問題形式の違いなどもあるので、100パーセント当てはまるものではありませんが、TOEICと英検の違いを比較する上でおおよその目安にもなります。

TOEICスコア 英検級 英語レベル
Proficient: プロ(翻訳・同時通訳レベル)
970-990 Advanced: 上級
870-970 1級 Advanced: 上級
820-870 Advanced: 上級者の入り口
740-820 準1級 Upper Intermediate:中級-上級
600-740 Intermediate: 中級
550-600 2級 Intermediate: 中級
500-550 Intermediate: 中級
450-490 準2級 Pre-Intermediate: 中級の入り口
300-440 Elementary:初級
291-299 3級 Elementary:初級
270-290 Elementary:初級
260-269 4級 Beginner:初級-入門

TOEICと英検の試験時間や必要単語数で難易度の違いを比較

TOEIC、英検、比較

TOEICと英検の難易度の違いを必要単語数試験時間ごとに比較してみました。

TOEICが常に同じ問題形式及び時間であるのに対し、英検は受験する級に応じて、問題形式や試験時間が変わります。

TOEICと英検の必要単語数の違い

必要単語数 TOEIC(スコア) 英検(級)
15,000 1級
12,000
11,000
10,000 900
9,000 準1級
8,000 800
7,000 700
6,000
5,000 600 2級
4,000 500 準2級
3,000 400
2,000 3級
1,000 4級

上級になると英検の方がTOEICより必要単語数が多い

一番上の級やスコアを目指すなら、TOEIC、英検1級共に少なくとも9,000語以上の単語習得が必要ですが、上級になればなるほど、英検の方が出題場面の幅が広いため、出題される単語数も多い傾向にあります。

ただ、ビジネスに関する表現は、TOEICの方が明らかに仕事で役立つ表現やフレーズが多いので、そこも興味が分かれそうですね。^^

英検準1級の前にTOEIC受験する方が良い?

英検の中で級のレベルの差が激しいと言われる2級と準1級ですが、上の表を見ると、確かに必要な単語数が3000語もあります。

あなたの努力や試験対策次第で準1級も合格はもちろん可能ですが、2級を取得後、準1級を合格するまで少なくとも3000語の単語を追加で覚えなければいけません。

また、どの級においてもそうですが、英検の場合合格できなければ、どんなに合格に近い点数が取れても、受験していないのと同じです。

それに比べてTOEICは、目標のスコアに達していなくても、点数は残り、履歴書にも書ける「英語力の証明」なります。

なので

英検2級と準1級のように、必要単語数や難易度が急に上がる場合は、TOEICのスコアとして自分の実力を証明できるものを残すという方法も良いかもしれません。

TOEICと英検の出題形式による難易度の違い

これまでの比較表でTOEICと英検の難易度や違いをスコアや単語数で比較してきましたが、TOEICと英検は出題形式も大きく違うので、人によって好みが違ってきますし、どっちが難しいかも違ってきます。

自分の好みや状況にあった試験はどっちなのか、難易度の違いを見ていきましょう。。

TOEICは英作文が無くリスニングが多い

まず一つ目は、TOEICには英検のような英作文などの筆記スピーキング全くないということです。

試験の構成はPart1~Part4がリスニング、Part5~Part7がリーディングとなっています。

つまり、試験にアウトプットを求められる項目が無く、

  • 「受験しやすい」
  • 「試験対策しやすい」

と感じる人も多いのではないでしょうか。

特に英検のように「面接や英作文は苦手・練習したくない」という人も多いので、受験対策もしやすいようです。

TOEICと英検試験時間の違い一覧

TOEIC 英検
        2時間/1回 1級:3時間
準1級:2時間45分
2級:2時間35分
準2級:2時間25分
3級:2時間5分
4級:1時間50分

英検の方がTOEICに比べて試験時間が長い?

TOEICは試験時間・問題数が毎回同じなので、時間配分に慣れている人は、その後も英検ではなくTOEICを受験し続ける人が多いそうです。

一方、英検は級のレベルが上がるごとに、試験時間が長くなるだけでなく、試験自体の難易度や出題方法も難しくなってきます。

そのため、受験級が上がるたびに、参考書を購入したり対策方法を考えなければなりません。

ここは好みが分かれそうですね。 ^^

TOEICと英検はどっちが就職や転職に有利なの?

結論から言うとTOEICと英検両方とも英語資格として認められていますので転職には有利です。
ただしそれぞれの試験の性格が違いますのでそれぞれのニーズにあわせて受験することがベストです。

TOEICは日本では一般企業がテストスコアを重視する傾向が高いため、受験者は大学生や社会人が多く、ハイスコア(700点以上)だと就職や転職に有利と言われています。

一方、英検は文部科学省のお墨付きで合格級によって中学入試から大学入試、海外留学に活用できるメリットがあります。

 

TOEIC英検のレベル・難易度の比較・まとめ

いかがでしたでしょうか?
TOEICと英検それぞれのメリットや違いを比較してきました。
それぞれの試験の特徴やメリットを生かして皆さんの英語学習のモチベーションアップや資格取得にお役立てください!

コメント