KDDIとauの違いは何?どんな関係なの?

KDDIとauの違いは何? ニュース

最近ケータイ電話料金の値下げ競争が一段と激しさを増していますね。

ドコモが業界最安値のプランを公開したと思えば、1月12日のニュースではKDDIがさらにお得なプランを発表しました。↓

KDDIは3月、データ容量20ギガ(ギガは10億)バイトで月額2480円(税抜き)の新しい携帯料金プランの提供を始める。NTTドコモとソフトバンクが導入予定の同容量プランと比べて500円安く、携帯大手で最安となる。菅義偉政権の携帯料金引き下げ要請を受けた大手3社の対応がひとまず出そろう。

yahoo

確かに、データ容量が20ギガで月々2480円はこれまでのケータイ料金の相場と比較してもとても安くて、魅力的です!!

でも、そもそも「KDDIってどこの携帯電話会社?」と思った人も多いのでは?

いつも一緒に出てくる「au」との違いと関係性についても紹介します。

KDDIとauの違いは?どんな関係性があるの?

KDDIとauの違いは何?

KDDIとauの違いと関係性は?

KDDIは携帯電話やインターネット関連などの通信サービス電話会社です。

以前は国際電はといえば、KDDIと言われるほど長年に渡って、日本の通信を牽引してきた大企業になります。

そしてその中の一つの部門として「携帯電話」が挙げられます。

その点は、ドコモやソフトバンクと同じです。

「え、でもKDDIのケータイって聞いたことない」

という人も多いと思います。

じつはKDDIは、「au」をそのブランドとして、ケータイ電話事業を行っています。

一言にまとめると、

KDDIは「通信サービス会社」

auは「KDDIの電話通信ブランド」

になります。

このような違いと関係性から、「KDDIのケータイ電話」って聞いたことがないのですね。

KDDIのケータイはなぜau?

今でこそ、au=ケータイ電話ブランド

という認識がされていますが、

元々はauも、一つの電話会社。

しかし、会社自体は、KDDIに吸収合併されて解散してしまいました。

でもauはそのまま「ケータイ電話・通信部門」のブランドとして残されているわけですね。

 

 

コメント