AWS障害とは?障害はいつまで続くのか原因を調査

AWS障害の影響とは!影響はいつまで続く? ニュース

今ネットで、

「オンラインゲームができない」

「ゲームアプリが繋がらない」

「気象庁の公式サイトが一時接続できない」

という接続障害が発生しているようです。

発生は2月20日深夜0時頃のようです。

朝までに修復されるのか心配ですよね。

ネットで挙がっているAWS障害とは、何なのでしょうか?

今回のAWS原因についても色々コメントが挙がっていたので紹介しています。

追記:

2021年2月10日午前5時頃にはAWSを利用するサービスは概ね復旧しているとのことです。

AWS障害とは

AWSは何の略?

AWSとはAmazon Web Serviceの略称です。

つまり「AWS障害」はアマゾンウェブサービス上の障害のようですね。

「アマゾンのサーバーが落ちた」

ということのようです。

AWS障害の原因は何?

今回のAWS障害「アマゾンのサーバーが落ちた」原因は何なのでしょうか。

AWS障害の原因はサーバーの温度異常?

ツイッターでは

今回のAWS障害の原因は「接続性」「温度上昇」が原因ではないかという声が多く聞かれます。

AWS障害の大きな原因は

Yahooニュースによると

障害が起きたのは、東京近郊にあるAWSのデータセンターの一つ(apne1-az1)。サーバの冷却システムへの電力供給が正しく行われず、サーバルームの1区画の温度が上昇した結果、クラウド計算環境「Amazon Elastic Compute Cloud」(EC2)の一部インスタンスの電源が落ちたという。これに伴い、EC2で利用できるストレージ「EBSボリューム」の一部でもパフォーマンスの低下が発生したとしている。

つまり、簡単に言うと

「東京近郊にあるAmazonのサーバーの冷却装置への電力供給が正しく行われずサーバーの一部の温度が上昇」したことが大きな原因のようですね。

AWS障害の影響はいつまで続くの?

AWS障害の影響とは

AWS障害の影響はAmazon(アマゾン)が提供するサーバーを利用しているサービスで発生しています。具体的には以下のサービスが「一時接続できない」「利用しづらい」などの不具合が発生していたようです。

  • Yostar(東京都千代田区)のスマホ向けオンラインゲーム「アズールレーン」
  • ミクシィが運営するゲーム「モンスターストライク」
  • 気象庁公式サイト
  • マネックスグループ傘下のコインチェック

AWS障害の影響はいつまで続くの?

AWS障害の影響はいつまで続くのか、心配な人も多いと思います。

2月10日お昼現在ではほぼ復旧しているようですが、ニュースなどによると、2月20日午前5時頃までには影響のあったサービスは概ね復旧していたようです。

障害が発生して約5時間では復旧した

ということになりますね。

過去に発生したAWS障害の影響

実はこのAWS障害、発生したのは今回だけではありません。

2019年にもAWSの大規模なシステム障害が発生しており、日本でもオンラインゲームや電子マネーの決済サービス・クラウドサービスが大きな影響を受けています。

オンラインゲームの影響

DeNAのスマホゲーム:「逆転オセロニア」が接続ができない。

電子マネーやポイント決済サービスの影響

  • PayPay(ペイペイ、東京・千代田):一部で、「PayPayの支払いやチャージ(入金)ができない。」状態になった。
  • スターバックス:公式スマホアプリで、会員制プログラムの「スターバックス リワード」のポイント残高表示機能が見れない・使えない」状態になった。

「ポイントをスターバックスコーヒーの飲料に交換できない」という声も挙がっていたそうです。

その他ネットサービスの影響

  • 日本ピザハット(横浜市):ピザハットの「宅配注文するウェブサイトが見れないネットからピザの注文ができない」状態になった。
  • ファミリーレストラン「ココス」:「アプリにログインできない」などの障害が発生した。
  • ユニクロとGU(ジーユー):ネット通販サイトでのログインや購入に不具合が発生
  • DeNA:野球球団「横浜DeNAベイスターズ」のサイトなどで接続ができないなどの障害が発生した。

コメント